精密入れ歯で快適な生活

保険と自費の違い

技術と時間が、保険と自費の本当の違いです。

オーダーメイド義歯と一般的な義歯の違い

オーダーメイド義歯 一般的な義歯
選ぶ素材の種類 多くの種類の中から
適切なものを選べる
決まった種類の中から
しか選べない
部分入れ歯の留め方 多数の設計が可能になり
患者さんにあった選択が可能
制作できるパターンが
限られている
制作にかかる工程 多い・手間がかけられる 少ない・決まった製作工程に
基づく
装着時の違和感 少なく出来る 比較的ある
入れ歯の耐久性 優れている 若干ある

保険治療と自費治療の違いについて、材料がいいか悪いかだけで、作り方は同じでしょうと思ってらっしゃる方も少なくないでしょう。

確かに制度上、保険治療に使われる材料は限られていますから、見た目や機能がいい材質、高価な金属を使う場合は実費負担になってしまいます。
しかし、限られているのは材料だけではありません。

実は時間と技術の差こそが、保険と自費の本当の違いなのです

診療風景

現在の保険制度では、総入れ歯・義歯は低医療費の部類に入ります。
総入れ歯・義歯は本格的に作ろうとすると、高度な技術と、それに見合った時間が必要です。
しかし、保険治療内での総入れ歯・義歯づくりでは、歯科医が時間をかけて、一生懸命つくればつくるほど、医院が赤字経営になってしまうのです。
保険治療の場合、時間をかけて丁寧に治療できないことから、患者さん一人一人に合った痛くなく、噛めて吸着性のよい総入れ歯・義歯は、なかなかつくれません。
ましてや、下あごと骨格のゆがみを治し、患者さんおひとりおひとりに合った、痛くなく噛めて吸着性のよい総入れ歯・義歯をつくるには、じっくり診療できる「時間」と「技術」が必要なのです。
当院では、長い目で見たときに、患者さんにとって本当によい方法はと考え、永く快適に使える自費治療の総入れ歯・義歯をおつくりしています。

同じ自費治療でも、技術力でこんなに差が出ます

どんなに高価な金属を使った自費治療でも、痛くてよく噛めなかったり、外れやすい総入れ歯・義歯では、意味がないと考えております。
同じ自費治療でも、高価な金属を使うだけで丁寧に時間をかけず、治療に工夫せずに総入れ歯・義歯を作ってしまう・・・
これでは、せっかく高い治療費を払ったのに、痛くてよく噛めなかったり、外れやすくなったりと、最終的には、全身の健康を害してしまうことにもなりかねません。

自費治療だからできる

当院の総入れ歯・義歯自費治療であるからには、総入れ歯・義歯が徹底したオーダーメイド品であるべき、と考えています。
当院では、下あごと骨格のゆがみのこまやかな診査・調整を行うとともに、「BPSシステム」を用いて、保険治療にはない、薄くて吸着のよい精密な総入れ歯・総義歯を製作しています

また、BPSシステム以外にも、精密金属床義歯、コーヌスクローネ、AGC義歯、IOD(インプラントオーバーデンチャー)などの各種の高度技術により対応しています。